競馬はギャンブル 競馬とお金、資金について

2020年6月27日資金管理お金, 回収率, 競馬初心者, 資金資金管理, 回収率, 競馬初心者, 資金

お金 電卓
竹之内
竹之内
どーも、竹之内です!
今回のテーマは競馬とお金、資金について考えていきたいと思います。みなさんは競馬に使うお金についてどう考えていますでしょうか?
競馬で生活をしている方などは多額の金額を賭けますし、遊びでやっている方なら1レース1000円などの少額で楽しんでいる方もいるかと思います。
ここでは競馬の本質であるギャンブル性についての説明と、資金とお金の考え方について少し解説させていただこうと思っています。

競馬の資金設定とは?

JRA

競馬をする上で一番重要なのはお金との付き合い方です。

競馬を見て楽しむ方もいらっしゃると思いますが、競馬とはお金を賭けて楽しむギャンブルの本質があります。

競馬で使うお金や資金設定をしっかりしていないと、多額のお金や大切なものを失う可能性があります。

ギャンブルの基本は使う資金をしっかりと設定し、当たり前ですが使っていいお金と使ってはいけないお金を分けることが最も大事です。

競馬でおすすめの資金設定とは

これから競馬を始めようと考えている方や、既に競馬を楽しんでいる方はどれぐらいの資金で始めているでしょうか?

私のようにサラリーマンで月のお小遣いが決まっている場合、競馬にお小遣い全てを設定してしまうと他の生活に影響がでてしまいますよね。

ギャンブルに使う資金の鉄則は失っても大丈夫な金額と覚えておいてください。

何度もいいますが競馬に使っていいお金の金額は失ってもいい金額です。

失っても大丈夫な金額で競馬などのギャンブルをやることがどれだけ大事かというと、

  • 普段の生活に影響が出ないようにする
  • ギャンブルはメンタルの影響が出やすいため

になります。

競馬の資金設定でメンタルを保つと勝てる!

競馬に限らずギャンブルで勝つにはメンタルを保つことが非常に大事です。

負けている時や当たらないことにイライラして熱くなればなるほど、ギャンブルというのは必ず負けます。

例えば、競馬の場合はJRAの18頭立てで一番当たりやすい複勝での18分の3で当たりますね。
当てようとして全通り買えば当たるのは確実ですが、回収率の面などから見ると絶対に負けることは目に見えていますよね。

ギャンブルの性質として負けたくないと思えば思うほど当てようと思ってしまい、回収率よりも的中率を考えてしまい必ず負けてしまいます。

先ほどの失ってもいい金額で競馬をする重要性は外れることを前提にして勝負できるので回収率に特化した賭け方ができ、予想と買い方がしっかりすれば回収率は自然と上向いていくことです。

競馬は単勝から始まり三連単やWIN5などの高難易度の馬券もありますが、相当な数の不的中があるのは当たり前ですよね。

競馬は外れるものですので、外れるのを怖がらないで当たった時にしっかり回収できるように賭けることが競馬の唯一の勝ち方です。

竹之内
竹之内
自分のメンタルを保てる金額で競馬をすることが、勝ちへの近道ということをしっかり覚えておいてくださいね。

特に覚えておいて欲しい!レース毎の資金設定

競馬に使っていいお金の資金設定ができたのであれば、次はレース毎の資金設定です。

回収率を追うためには期待値を追わなければならないのは当たり前ですが、期待値計算には的中率がわからないと計算できないために苦労している方も多いかと思います。

ここでは一般的なレースでの資金設定とレース毎の金額について覚えていってくださいね。

1レースでの資金設定は総資金の1%~2%

1レース毎の資金設定で重要なのは外れ馬券の数に大きく影響してきます。

単勝や複勝をメインにしている方の場合はある程度の的中率はあるかと思いますが、穴目を狙い続けると的中率はどんどん低下していきます。

競馬で勝つためには中穴から大穴を狙っていくのが勝ちやすいと思っていますので、どうしても勝ちにこだわると不的中が多くなりがちです。

外れ馬券を含めてのレース毎の資金設定は競馬で使える総資金の1%を目安にするのが基本になります。

1万円の資金の場合は100円となりますが、三連単などの買い目の点数が増えるものは多額の競馬資金が確保できてからが無難です。

低資金で勝つことができないのならば、当然金額を上げても勝つことはできません
しっかりと低資金で勝てるようになってから賭け金を上げるようにしていきましょうね。

勝負レースでは厚く賭けることが大事!

先ほど1レースで使うお金が総資金の1%と説明しましたが、勝負レースの場合には総資金の2%まで上げて勝負することをおすすめします。

回収率を上げるためには能力や適性があるのに人気が低い馬(穴馬)を狙うことが必要なのですが、思っている以上に人気が低いケースがあります。

その場合は単勝でも40倍以上や複勝でも下限オッズで10倍以上など、勝負所は回収率を大きくあげるために厚く賭けていきましょう!

あまりにも人気していない場合は予想の段階で何か見落としが無いかを確認する必要がありますが、特に見落としが無い場合は外れることを恐れないで勝負です。

普通の方だと倍率が高い場合は金額を低くしがちですが、それは回収率を大きく落としてしまいます。

勝負レースのようにオッズが跳ねている時は勝負すべきですが、反対に狙っている馬が過剰に人気している場合は当たっても回収金額は少ないので見送りか賭け金を下げることが重要です。

資金設定を変えてしまうリスクとは?

競馬で使う金額やレース毎の金額をしっかり設定することが非常に重要なのですが、資金設定を変えるタイミングによってかなりのリスクを背負うことになります。

年間を通して回収率が100%を超えていて競馬で使える総資金が増えてきているのならば、賭け金を大きくすることによって多額のお金を手にすることができます。

負けている方に共通していることは適切なタイミングではない時に資金設定を変えてしまい、最終的に持っている総資金を全て吐き出してしまうということです。

負けている時こそ普段通りに

負けている方に共通しているのは1日単位の収支にこだわっている点です。

特に競馬で使える総資金の1%のように外れることを前提に賭けている場合には平常心を保てますが、20%以上で勝負している場合は外れるたびに多額の金額が失われていきます。

負けている時に資金設定を大きくあげて一発で回収しようとする方が非常に多いのですが、競馬は外れる方が断然多いので絶対にやってはいけません。

1日単位での負けなどは気にする必要が無いので、負けている時も普段通りのスタンスで競馬に取り組むことが勝つためには必要な考え方です。

勝っている時も普段通りに

負けている時と同様ですが勝っている時も普段通りにすることが非常に重要です。

私個人的に思うのは負けている時よりも勝っている時の方が自分をコントロールするのが難しいと感じています。

勝っているから普段よりも大きく賭けることは回収率を大きく下げてしまいますし、勝負レースなどの場合でも普段よりも多く賭けてしまうと外れた時のリスクが非常に大きいと感じています。
もし、当たって多額のお金を手に入れたとしても一回成功してしまうと次回も同じ事をしてしまうので、必ずどこかのタイミングで勝っているお金を全て失くしてしまいます。

勝っていても負けていても普段通りのスタンスで競馬をすることを徹底していきましょうね。

競馬とお金と資金についてのまとめ

馬

今回の記事はいかがだったでしょうか?

競馬をする上で資金やお金は切っても切れないものなので、多額の金額を負ける前にしっかりと資金設定をしておきましょう。

競馬もギャンブルの一つなので正しい姿勢で向かい合わなければ、せっかく楽しい競馬を楽しむことができなくなってしまいます。

せっかく競馬を好きになったのに競馬を嫌いにならないためにも、自分自身をコントロールして楽しい競馬ライフを送っていきましょうね!

今後も「うまSTUDY」で色々な情報を提供していきますので、また次回の記事を楽しみにしててくださいね!

回収率についての記事も合わせてご覧くださいね。