競馬のオッズの仕組みとは オッズを利用して勝ちを呼び込もう

2020年6月29日競馬の基礎オッズ, 競馬初心者競馬の基礎, 競馬初心者

竹之内
竹之内
どーも、竹之内です!
今回はオッズについて色々解説していこうと思います。オッズと聞くと見たことはあるという方も多いとは思いますが、実際にどういう仕組みになっているかご存じでしょうか?
オッズの仕組みに加えてオッズの活用方法も解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

競馬におけるオッズとは

まずはオッズというのものについてですが、オッズというのは倍率のことを表しています。

例えば1番の馬が単勝オッズ10倍で1番の単勝に1000円買ったとしましょう。
1番の馬が1着になったら当選するのが単勝馬券ですので、1着の場合には1000×10倍で10000円の払い戻しを受けることができます。

オッズは単勝、複勝、馬連など全券種の当選時の倍率ですので、馬券を購入する時には当選時の払戻金を確認することが勝つためには重要です。

オッズの仕組み

オッズが当選時の倍率を表しているのですが、どのようにオッズが決められているのでしょうか?

オッズというのは券種別に購入された総金額から券種別の控除率を引いた金額を、それぞれの投票数に応じて割り振って決めています。

説明を聞いてもなんのことかわからない方もいらっしゃると思うので、例題で考えていきましょう。

オッズの仕組み 例題

10頭立てのレース 単勝の総購入金額1000万円の場合

単勝のJRAでの控除率20%なので総購入金額1000万円から20%の200万円を引きます。

控除率を引いた後の金額は800万円ですね。

その800万円を10頭それぞれの購入点数で割ります。(購入点数は100円で1点と考えるので、1頭に1300円の単勝を購入していた場合は13点となります。)

  • 1番が100万点買われていれば800万÷100万なのでオッズは8倍
  • 2番が200万点買われていれば800万÷200万なのでオッズは4倍
  • 3番が50万点買われていれば800万÷50万なのでオッズは16倍

となります。

このレースで2番の馬が他の馬よりもたくさん買われていた場合は1番人気となり、1番人気のオッズが4倍と表示されます。

複勝やワイドのオッズ表記は1.1~1.3のように幅を持っていてわかりにくいですが、一緒に当選した馬の人気によって変わます。

1番人気の馬の複勝オッズが1.1~1.3で複勝を100円一点購入していた場合

  • 複勝圏内に購入点数が多い2番人気と3番人気が一緒に入ってきた場合は複勝下限オッズの1.1倍×100円で110円の払い戻し
  • 複勝圏内に購入点数が最も少ない10番人気と9番人気の場合は複勝上限オッズの1.3×100円で130円の払い戻し

となります。下限オッズと上限オッズにかなりの差がある場合は他の人気馬の複勝が大量に買われているので、その人気馬が飛んだ場合はかなりの高オッズをもらうことができますね。

オッズが変動するタイミングから情報を読む

券売所

オッズは常にリアルタイムで変動しています。

さっきまで1番人気だった馬が10分ぐらいで3番人気に下がっていたり、5番人気の馬が急に2番人気になっていたりよく見ますよね。

オッズが変動しているタイミングによって色々な情報を得ることができるので、オッズが大きく変動するタイミングをしっかり確認することが大事です。

朝一の大量投票からわかること

G1などのレースでは前日から投票することができますが、基本的には当日の朝が投票開始の時間になります。

基本的にレースの時間が近づくに従ってオッズはどんどん動いていくのですが、レース時間までかなりの時間があるのにかかわらず一気にオッズが変動するのを見たことないでしょうか?

一気に変動する理由としては一人または複数人の大量投票によるものが大半です。

朝の早い時間からの大量投票はその馬に関わっていて馬券を購入できる方、もしくはその情報を手に入れた方の投票だと推測することができます。

騎手や調教師などが馬券を購入できない理由としては公平性を保つためですので、内部情報というのは馬券購入に有益な情報が多く隠されています。

朝一のオッズの変動はその内部情報で大量投票しているのではないかと判断する方法で、なかなか理にかなっている方法だと個人的に感じています。

中には私たちのような競馬ファンによる大量投票も考えられるのですが、レース直前にオッズが変動してしまうのに、早い段階から投票できるのはよほどのお金持ちか内部情報を持っている方しかいないと思います。

もし、朝一の大量投票に気づくことができれば、思わぬ穴馬を見つけることができるかもしれません。

レース時間が近づくにつれて売れている馬に注目

朝一のオッズからレースが始まる時間まで常にオッズは変動しているのですが、じわじわとオッズが下がっていく(売れている)馬は信頼度が非常に高いです。

一時的の変動は大量投票による異常投票が大半なのですが、じわじわ売れている馬は競馬ファンからの信頼度が高い証拠として捉えることができますね。

そのまま投票が続いていき1番人気になってしまうと馬券的なうま味が無いのですが、人気薄の中にじわじわ売れている馬がいれば注目しておきましょう。

レース直前のオッズの急変動に注意!

私が一番気にしているのはレースが始まる30分前後から締め切られるまでのオッズの急変動です。

馬券で生活している方は単勝、複勝が多い傾向があり、賭ける金額もオッズを確認して投票が締め切られる数分前にドン!と大きく賭ける方が多いです。G1などの売り上げが大きいレースでは個人の大量投票で大きな変動まではしませんが、地方や平場の場合は金額によって変動するので注目です。

もう一つ直前のオッズ変動で大事だと思っているのは、パドック後や返し馬の後のオッズ急変動です。

パドックや返し馬を見た後に投票する方も多くいますので、急に人気が上がった馬はパドックでの評価も良く狙い目と判断することができます。

逆にパドック直後に人気が無くなってしまった場合は仕上がりに問題や故障している可能性があり、レース直前に人気が急降下した馬は信頼度を大きく下げていて注意が必要です。

2020年宝塚記念の例

2020年の宝塚記念が非常にわかりやすいので紹介しますが、当初の1番人気はサートゥルナーリヤ、2番人気はラッキーライラック、3番人気はクロノジェネシスでした。

ラッキーライラックは高速馬場でクロノジェネシスを任しているので順当な人気かと思っていましたが、パドックが終わったぐらいから雨が降り始めましたね。

当日の馬場状態は良馬場とのことでしたが雨を見て稍重ぐらいの馬場を予想し、締め切り直前にオッズが急に上がり始めてクロノジェネシスが2番人気に押し上げられました。

道悪特性が高いクロノジェネシスなので人気は予測できましたが、結果はクロノジェネシスが1着でキセキ、モズペッロという順位で決着という馬場適正が高い馬で決まりました。

このようにオッズの変動の理由を分かっていれば、的中させられた人も多くいたと感じたレースでした。

竹之内
竹之内
馬券を買っている人たちのレベルの高さがわかった出来事ですね。

オッズで狙うべきレースがわかる!

ターゲット

ここからはオッズで狙うべきレースを選定する方法です。

狙うべきレースというのは1番人気が圧倒的に強くて的中させやすいレースではなく、1番人気が飛びそうで穴狙いに適しているレースのことです。

圧倒的な1番人気がいるレースは基本的には配当も安く、三連単などで紐荒れを狙ったとしても的中させることが難しいと感じています。
それであれば穴馬が好走するレースを選んで複勝や単勝などの当てやすい高配当、馬連やワイドなどで万馬券を狙った方が効率がいいですよね。

まずは危ない1番人気がいるレースをオッズで探す方法をご紹介します。

オッズから危ない1番人気を見つけてみよう

危ない1番人気を探すということは、1番人気になっている馬を疑うところから始まります。

血統や馬場適正、距離適性やローテーションなど色々な視点から分析もできますが、今回はオッズから見つけてみたいと思います。

大事なことは他の券種での人気です。

単勝オッズが1.3倍で1番人気だとしても複勝オッズが3倍で3番人気などの人気のズレは注意しましょう。
複勝を主に買う人というのは主に馬券で生活している方などのプロが多く、高額な資金を集中させて投票しているためです。

馬連や三連複のオッズを人気順に並べて上位何番目まで1番人気が絡んでいるのかも注目してみましょう。他の券種で1番人気が全く含んでいない組み合わせが多い場合は大変危険です。

最後に三連単のオッズも人気順位に並べて、最も買われている頭が1番人気馬なのかも確認すれば完璧です。

色々な券種からどれぐらい信頼されている1番人気かを判断すると、堅いレースか1番人気が飛ぶレースかを見分けやすいと考えています。

競馬のオッズ 仕組み まとめ

競馬のオッズについて色々解説しましたがいかがだったでしょうか?

オッズについて今回説明した内容はほんの一部です。まだまだオッズについて説明したい部分と知っていると回収率が上げやすい方法もありますので、それは今後ご紹介していく予定です。

オッズの仕組みやオッズ変動の流れや意味を知っていると、今まで見ていたオッズ表からでも色々な情報を得ることができますね。

まずはオッズの基本を覚えていただいて、楽しい競馬を満喫しましょう!